既成概念

この前、義理のおいっ子(3歳)と車に乗っていると

「健しゃん(僕です)、しりとりしよー」

と声を掛けてきました。

彼の語彙力では間違いなくしりとりが成立する見込みはなかったのですが、
良い義理の叔父でありたい僕は俄然、彼の要望に応えてあげる事にしました。

僕「じゃあ…車!」

おい「りんごぉー」

僕「………?」

おい「…(ニコニコ)」

僕「じゃ、じゃあ…ご、ご…ごま」

おい「りしゅ(リス)ー」

僕「………。スイカ?」

おい「このカブトムシ(おもちゃ)ねぇ、ブーンって飛ぶの」

僕「…………(ニコッ)」

既成概念をぶち壊す、素敵なしりとりでした。

甲州市のM様邸、内装工事は終わり、外回りの工事に移りました。

20131126_014803578_iOS.jpg
梁がつくる影がいい味してます。

20131126_014433409_iOS.jpgしつこい様ですが、素敵な丸窓です。

20131126_062101013_iOS.jpg

観光パンフレットになりそうな景色です。

「古民家再生」となると、どうも堅苦しいイメージが付き纏い、古めかしい感じもしますが、
特に形式ばった事も無く、決まりもありません。

実際、M様邸でも普通の古民家ではあり得ないような建具が使われています。

20131128_035923299_iOS.jpg20131128_035902626_iOS.jpg20131128_035851641_iOS.jpg

20131128_040007536_iOS.jpg

何事も型にはまってしまっては、おもしろい物は出来ません。

でも、しりとりのルールは守りましょう。

中島